【マレーシア投資】大手LCCエアアジアの株主になりました!

エアアジアの株主になりました
!ブログランキングへ参加してます!
☆↓応援クリック↓☆
にほんブログ村 投資ブログへ

皆さんこんにちは「20代からの資産運用を考える」管理人のゆうしゃんです。

 

皆さんはLCC(ローコストキャリア)を利用しますか?

ANAやJAL、シンガポール航空やデルタ航空などのレガシーキャリアと比べ、大幅にサービスを削りコストを削減しながら運航しているLCC。

そんなLCCの中でも「エアアジア」は特に有名な会社です。

 

あまり知られていませんかもしれませんが、エアアジアは上場企業です。

しかし、日本の株式市場ではなくマレーシアの株式市場に上場しています。

 

今回はそんなエアアジアの株式を2,000株購入したので、ご報告していきたいと思います!

なぜエアアジアの株を購入したのか

前回インドネシアの「テレカムニカシ・インドネシア」の株を購入しました。

そんな報告をさせていただきました。

テレカムニカシ・インドネシアの株を2,000株購入

【インドネシア投資】「テレカムニカシ・インドネシア」の株購入しました

2020年2月6日

その中でも触れていますが、東南アジアのGFP成長率は大きく日本を上回っています。

インドネシアもそうですが、マレーシアだって負けていません。

少しデータが古いですが、2017年のマレーシアGDP成長率は約6%となっています。同時期日本のGDP成長率はというと…

約1.7%。

 

マレーシアは日本の3倍のスピードで成長していっているのです。

 

これはすごい。僕は素直にそう思いました。

そこでマレーシアの企業に投資したい。そう思ったとき、エアアジアに投資することを決心したのです。

ものすごく高い配当利回り

エアアジアの配当利回りは今までに類を見ないほど高い数値となっています。

なんと、本記事執筆時点でのエアアジアの配当利回りは19.51%。

約20%もの配当利回りとなっているのです。

この配当金が継続すると仮定するならば、たった5年保有すれば元本が回収できる計算です。

これはすごい!

ただ、業績が悪ければ最悪の場合倒産してしまいますよね。

 

もちろん、配当金だけにつられてエアアジアの株を購入したわけではありません。

少し心もとないけど、比較的安定している財務

こちらはエアアジアの財務状況となっています。

自己資本比率が41.97%。負債比率が66.66%となっています。

 

自己資本比率は40%以上あれば倒産の心配はないと言われているので、ぎりぎりクリア。

負債が少し多すぎるのが気になる点ですが、この後ご紹介する「業績」がそこまで悪くないためこの点もぎりぎりクリア。

 

少し心もとないですが、財務状況はそこまで悪くはないと言えそうです。

右肩上がりの売り上げ高

こちらがエアアジアの業績となっています。

 

注目してほしいのは、売上高と当期利益。

エアアジアの業績は右肩上がりに増えていっていますが、なぜか利益は多くく減ってしまっています。

売り上げが上がっているのなら、通常は利益も上がるはずなのに利益は減ってしまっている。

 

それはなぜなのか。僕は考えました。

結論

  • 経費が増えた
  • 設備投資などに使った

この2つのうちのどちらかだと思いました。

 

しかし、「経費が増えた」という理由でこれほどまでに当期利益が減ってしまうのはどう考えても考えにくいです。

僕はエアアジアは設備投資にお金を使ったため、当期利益が減ったのではないかと考えました。

 

もし僕の仮定が正しく、設備投資にお金を使ったのならば、

エアアジアは今後さらに成長していく。僕はこの成長性を信じエアアジアの株を購入しました!

連続増配

先ほどの業績の「配当」というところに注目してほしいのですが、

エアアジアの配当金は年々どんどんと増配しています。

 

しかも、その増配具合もものすごいスピードですね。

このように、株主還元に力を入れているエアアジアの方針が投資しようと思った大きなポイントです。

でも、そんなに配当を出せる余力があるの?

いくら何でも配当金20%は多すぎですよね。

僕は、エアアジアがそんなに配当を出せる余力があるのか。気になったので調べてみました。

 

こちらがエアアジアの一株当たりのデータとなっています。

エアアジアの一株当たりの配当は0.24MYRとなっています。

しかし、エアアジアの一株当たり売上高は3.1MYR。売り上げに占める配当金の割合はたった7.7%となっています。

これだけ配当利回りが高いのにもかかわらず、売上高に占める配当金の割合は7.7%。

まだまだ、余裕がありますね。

 

しかも、本記事執筆時点でのエアアジアの株価は「1.2MYR」となっています。

それなのに一株当たりのエアアジアの純資産は「2.3MYR」もあるのです。

 

上記の理由からエアアジアの株主になることを決意しましtた。

 

もちろん、投資は自己責任。

エアアジアの株主になるかならないかはご自身で判断してくださいね。

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

今後とも「20代からの資産運用を考える」をよろしくお願いいたします!

各種SNSやってます!

是非フォローのほどよろしくお願いいたします!
また、当ブログへのお問い合わせは、下記から可能です。

Twitter Instagram B!Hatebu Feedly Contact
!ブログランキングへ参加してます!
☆↓応援クリック↓☆
にほんブログ村 投資ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です